女性はどんな生き物なのか?〜女性の扱い方の基礎知識〜

 

こんにちは、ジョーカーです。

今回は、「女性とはどんな生き物なのか」「女性はどのように扱うべきなのか」について解説しようと思います。

なぜ、この話をするかというと、

敵(女性)を倒す(口説く)ためには、

まずは敵(女性)の性質を知ることが重要だからです。

かなり抽象度が高く、実践には使いにくい内容だと思いますが、

女性を口説くためには、最低限必須レベルで重要なところなので、

潜在意識に落とし込むまで、しっかりと理解しましょう!

 

女は感情の生き物である

 

「女性は感情の生き物」です。

まず前提として人間の行動原理の特徴として、

「感情」で動かされて「理屈」で判断する性質があります。

 

例えば、あなたが500万円のBMWという外車を購入するまでの流れは、

「感情」で、カッコイイ!欲しい!と思い、

「理屈」で、この車は500万円の価値を投じても購入する価値はある、

と判断します。

 

だから、人を動かすためには、まずは感情を揺さぶる必要があるのです。

特に、女性にとっての感情は、男性よりも広い意味を持ちます。

なぜなら、男女の脳の性質が違うからです。

こちらのサイトから引用

女性脳の割合が強い人は、性質的に直感力と感性が磨かれていることが多く、センスある人が多いです。オシャレやデザインに関心が高い女性が多いように、女性脳を持つ人はセンスで瞬時に”良し悪し”を判断できる傾向にあります。
一方で男性脳はロジカルに考えるので、女性脳と男性脳を持つメンバーを同じプロジェクトに入れて、バランスを取るのも良いでしょう。直感力が活きる場とロジカルさが求められるシーンは異なるので、双方で補い合うことが重要。

したがって、女性脳は感情や直感、男性脳は論理に優れています。

※男性脳、女性脳というと、男性=男性脳、女性=女性脳であると勘違いしてしまいそうですが、一概にそうとも言えないのが特徴です。以下のような認識で捉えておきましょう。
・男性=男性脳の割合が強い人が多い
・女性=女性脳の割合が強い人が多い

だから、男性脳よりの女性もいれば、女性脳よりの男性もいます。

しかし、基本的には先ほどの認識で良いでしょう。

したがって、女性は人付き合いをする上で、論理ではなく感情を重視します。

これを踏まえた上で女性と話す際には、

以下の3つの点に注意をしましょう。

 

①説得しようとしないこと

②感情を刺激すること

③決して無関心にさせないこと

 

①〜③について、詳しく解説していきます。

①説得しようとしないこと

女性をいきなり論理的な方法で説得したり、議論に持ち込んだりしないようにしましょう。
例えば、好きな女性を口説く際に、相手の感情も揺さぶれていない状況で女性にあなたと交際するメリットを提示しても、全く意味がありません。

②感情を刺激すること

女性とは論理的な会話ではなく、感情を刺激することを意識した会話をすることを心がけましょう。
そして、女性にあなたを異性として興味を持たせ、「この気持ちは間違っていない」と感じさせること。
女性はあなたとSEXするべきでいない理由を山ほど思い浮かべますが、感情を揺さぶり価値観を張り替えることで、あなたとSEXするべき男だと認識することは難しくありません。

③決して無関心にさせないこと

人間は、感情的になっていると正しい判断ができない状況になります。普段、冷静な時は絶対に買わないようなモノでも、持ち上げられいい気分にさせられたらあっさりと契約してしまうことがありませんか?
女性も興奮したり感情的な時に、いかに説得されやすいかは想像に難しくありません。
だから、何かしらの方法で女性の感情を揺さぶるようにしましょう。
例えそれが、嫉妬や不満などのネガティブな感情だとしても、全く無関心にさせるよりは、100倍マシです。
女性には、喜怒哀楽さまざまな刺激を与え感情を揺さぶるようにしましょう。

 

女は好きになった男とセックスするのではなく、セックスした男を好きになる

 

今では周知の事実である、「SEXをすると妊娠する可能性がある」ことですが、

かつての大昔では「SEX」と「妊娠」の因果関係が紐づけられていませんでした。

だから、仮に子供が生まれても、その原因がSEXであると考えることができませんでした。

ここで、女がSEXをした男を好きになるとどうでしょう?

女はSEXした男と一緒になり、一緒に生まれた子供を育てることができます。

逆に好きにならなければ、どうでしょう。

女はひとりで苦労して子供を育てることになります。

生き残るためには、どちらが合理的か明らかですよね?

つまり、進化の過程を考えると、

女が生き残るためには、SEXした男を好きになることが合理的なのです。

また、これは「認知的不調和」という心理学の観点からも解説できます。

こちらのサイトから引用↓

人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語。アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱された。人はこれを解消するために、自身の態度や行動を変更すると考えられている。

つまり、女はSEXする男が好きでない場合、

「私は好きでもない男とSEXするような女なんだ」

と不快感を感じることになります。

 

これを解消するために、

「体を許した男だから、私はこの男を好きに違いない」

と自分に都合の良いように、後付けで感情を書き換えてしまうのです。

 

これは、恋愛工学的には、

セックストリガー理論と言われる。

 

これは当たり前ですが、女性の恋愛経験が浅ければ浅いほど、

効果が発揮されます。

特に、女性が処女だったら、間違いなくあなたに惚れ込むでしょう。

 

童貞卒業してマッチングアプリで無双する秘密を限定公開中


僕、ジョーカーは
学生時代は、運動音痴のいじめられっ子で
「どうせ僕なんか・・・」と
自己嫌悪に陥っていました。



その結果、学生時代に女の子と関わることが
ほとんどなく、24歳まで「彼女いない歴=年齢」でした。

しかし、恋愛工学に出会った僕は、
恋愛を本格的に学び始めました。
そして、マッチングアプリを通して、
実践を繰り返していくうちに
100人以上の女の子とデートをして
女優似の美女を彼女化できました。



また、それだけではなく、
複数の女の子を同時に彼女化したり、
当日知り合った女の子とセックスしたり、
かつての非モテ時代の僕と比べて、
信じられないほど充実した日々を送っています。

僕がここまで変わることができたのには
理由があります。

ブログやTwitterでは絶対に話せない㊙︎情報なので、
詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。


最新情報をチェックしよう!